2002収穫情報
シャトー・ド・ポマール
いよいよ最後の地、ポマールです。


ポマールは収穫終了。
この画像は、今年のワインの為の新樽。
つまり中身は入ってません。


醸造所。丁度アルコール醗酵が
始まったところで、この木樽の蓋を空けると
ガスが。即呼吸困難に!


今年の話を当主ジャン・ルイ・ラプランシュ博士に聞いてみました。
糖度はアルコール換算で12,5%。(多少の補糖が必要)酸は
ほどほどにあるので、バランスは良いだろう。しかし量が少ない。
通常収穫には10日を要するが、今年は6日で済んでしまった。
単純にいえば、通常よりも4割収量ダウンだ。

優秀年であり、量が少ない。
2002年は値段が上がるかもしれませんね・・・。



これは、これから出荷されるポマール。道具を使わずにボトルが綺麗に
積み重ねられています。

 

これにて2002年収穫情報も終わりです。
簡単にまとめてみます。


シャンパーニュはグレート・ヴィンテージ!
ボルドーの白、ペサック・レオニャンはグレート・ヴィンテージ!
アルザスは、なかなかの年!
ジュイヤールさんのボジョレー・ヌーヴォーは稀に見る例外的最優秀年!
コート・ドール、赤は収量少ないがグレート!
コート・ドール、白はグレート!


ここ数年、素晴らしい年が続いています。ワイン・ファンには嬉しい事ですね♪
最後に、励ましのメールをくださった方々に深くお礼を申し上げます。
今後もシュヴァリエのワインをご愛飲いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

※この収穫情報は、シュヴァリエのワインに限る話であり、
他社のワインに必ずしも当てはまるものではありません。ご注意ください。