2002収穫情報

ヴォーヌ・ロマネ村ノエラさん

ここも収穫はほぼ終了。

これは2002年エシェゾー。

アルコール醗酵が始まり、ガスが出てブドウが盛り上がってきているのが分かります。
さすがに醗酵が始まったばかりのこの状態では試飲できませんでした・・・。
ノエラさんに今年の話を聞いてみました。
マラトレさんと同じく、やはり収量は少なめ。しかし凝縮度は高く、良い年になりそうとの事。
ちなみに彼は白ワインはありません。

〜ブルゴーニュ赤ワイン事情〜
ちょっと収穫から離れて、近年のワインのお話。
20世紀最後の年、2000年はワインの出来も良く、
すでに値段も高騰。人気も凄いですね。
では1999年との違いは?
各農家にそこらへんを聞いてみました。

1999の方が凝縮したタンニンの強さ、厚みがあって長寿。
2000年は円やかでタンニンが溶け、親しみ易い。

どうやら2000年の方が飲みごろは早くきそうですね。

そうそう、ノエラさんは来年、来日する予定です。
当社以外の日本の商社からのオファーも多く、この日アメリカの
インポーターもいらっしゃいました。日本ではさほど知名度は高くないですが、
世界的には彼のワインは手に入らない、超人気の造り手です。
日本では当社以外では手に入りません!
来日が楽しみですね♪